HOME
  
 お得に体験できます!フーレセラピー
▲体験価格で受付中▲
 
 
SALON
サロン写真
 


 
 
オーガニック化粧品・自然化粧品って何? 
大切なお肌のために・・・
何で作られているのか? 何のために何が入っているのか?
それこそが女性がこだわるべきことなのです。

organic:直訳すると、有機体・有機的な・・・ この「オーガニック」という言葉の響きに魅了され
「オーガニック=安全」という神話が創られましたが、果たして・・・?
食品基準は策定されつつも、
化粧品をはじめとするボディケア商品などにおいては、「少し冷静に!」と、
最新の化粧品製造学に詳しいプロショップは情報発信します。


◆オーガニック食品
まず、オーガニック食品において、有機農法・有機栽培またはオーガニック農法で生産された農作物、
または、それらを用いて加工された飲食品などを広義で「オーガニック食品」と一般的に呼ばれます。
過去には国や団体で判断基準・位置づけ・認定基準などが様々でしたが
現代においては、コーデックス(※1)による国際的な基準策定もあり
日本においては、農林水産省が「有機JASマーク」(※2)認定基準を設けるなどして、
紛らわしいものや非認定のものを表示すると法に罰せられる仕組みも確立してきました。
(※1)コーデックス委員会は、食品の国際規格を設定する機関で、
1962年、FAO(国連食糧農業機構)とWHO(世界保健機構)によって
設置されました。
その目的は、世界共通の基準の設定により、「自由貿易の推進」と「消費者の健康保護」をすることです。
コーデックス・アリメンタリウス(Codex Alimentarius )とは、ラテン語で食品規格という意味があります。
日本では、省略してコーデックス、CAC(Codex Alimentarius Commissionの頭文字をとったもの)
などど呼ばれています。
1999年4月現在、コーデックス加盟国は165カ国。
日本は1966年から参加しています。
1994年までにコーデックスで設定された基準やガイドラインは、
品目別のものが237、食品衛生や技術に関するものが41、
農薬残留基準が3,274、そのほか、食品添加物、家畜医薬品など、多岐にわたり、
有機食品の基準や認証に関するガイドラインも、コーデックスで設定されています。
(※2)↓外部ページリンク 農林水産省
有機JASマーク

関連団体(民間団体も存在しますが)のWEBサイトから客観的に情報を得られれば解りますが、
大約しますと、一般的なものより安全性が高い・低リスクである と読みとれます。
口に入れる飲食物は、安全性が高い方が良いわけですし、
アレルギー体質の方などは、やはり慎重に選ばれる方がよろしいでしょう。
特に 食の安全 が問われる現代、公の機関が明確な基準策定を推進していくことは
消費者にとっては喜ばしい事でしょう。
 
◆オーガニック化粧品類
食は上記において公的な判断基準も策定されているので、ひとまず「良し」として、
「オーガニックコスメ」って何? という話題へ変えます。
一般的広義では、自然系化粧品の一部を 各民間もしくは製造側の基準や位置づけで
「オーガニック化粧品(類)」として販売されており、公的機関も明確な定義を策定しきれていない現状です。
それは、なぜか?
そもそも化粧品は何から作られるか?
そこが大きな課題となります・・・ >>続き
 
 


Copyright : Supreme Inc Allright Reserved. Since1997